メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未踏の世界へ

脳への刺激伝達構造物を発見 東京大特任教授・広川信隆さん

「分子モーター」発見で注目された広川信隆・東京大特任教授=中村藍撮影

広川信隆(ひろかわ・のぶたか)さん(70)

 人体ではどのように光や痛みなどの刺激が脳に伝わるのか−−。この根源的な問いに挑み続け、メカニズムを明らかにしてきた。

 人の全身に張り巡らされた神経細胞同士の接合部はシナプスと呼ばれ、神経伝達物質を受け渡すことで刺激が伝わることは分かっていた。注目されたのは、このメカニズムに欠かせない「分子モーター」と呼ばれる構造物を1992年に発見したことだ。例えるなら、シナプスへ情報伝達に必要な物質を運搬するトラック。「10万分の1ミリほどの大きさだが、生命活動を支えている」

 この発見には、自ら考案した装置が貢献した。熱伝導に優れた純粋な銅板を液体窒素で冷やし、真空中で神経…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文841文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです