メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陽新幹線

午前11時過ぎ運転再開 停電で一時見合わせ

山陽新幹線が停電により一部区間で停止し、ダイヤの乱れが表示される案内板=福岡市博多区で2016年6月30日午前9時59分、和田大典撮影

 30日午前5時半ごろ、JR山陽新幹線厚狭駅(山口県山陽小野田市)−新下関駅(同県下関市)間で停電が発生し、JR西日本は同区間を含む広島駅(広島市)−博多駅(福岡市)間で始発から運転を見合わせた。その後、新大阪駅(大阪市)−広島駅間と、小倉駅(北九州市)−博多駅間で折り返し運転を始めた。残る広島・小倉間も午前11時15分に運転再開。午前10時半現在で上下線26本が部分運休した。

 JR西日本などによると、始発の運行前に、厚狭−新下関駅間で電力設備の一部に不具合が発生した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです