オオキンケイギク

外来雑草から抗がん物質 岐阜大教授ら

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国道21号沿いに大量の花を咲かせる特定外来生物のオオキンケイギク=岐阜市茜部菱野で、野村阿悠子撮影
国道21号沿いに大量の花を咲かせる特定外来生物のオオキンケイギク=岐阜市茜部菱野で、野村阿悠子撮影

 全国の河川敷などで在来野草の生態系を壊し、厄介者となっている特定外来生物「オオキンケイギク」の花に、抗がん作用のある物質が含まれていることを、岐阜大工学部の纐纈(こうけつ)守教授らが突きとめた。論文は今月、エルゼビア社(オランダ)発行の医薬品化学分野の学術誌に掲載された。研究室は、製薬への応用を目指している。

 オオキンケイギクは北米原産のキク科の多年草。5〜7月ごろに直径5〜7センチのコスモスに似た形状の鮮やかな黄色の花を咲かせる。全国の道路のり面などで緑化に使われたが、繁殖力が強く、生態系を壊すとして、環境省が2006年に特定外来生物に指定。栽培や保管を原則禁止し、駆除を呼びかけている。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文698文字)

あわせて読みたい

注目の特集