メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米韓

警戒演習 ミサイル防衛、北朝鮮念頭に初

 日米韓3カ国は28日(日本時間29日)、米ハワイ沖で初のミサイル警戒演習「パシフィック・ドラゴン」を実施した。北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられるミサイルを発射するなどしており、迎撃態勢を含めた対処能力の向上を図るのが目的。防衛省関係者は「弾道ミサイルの追尾情報も共有できるかは3カ国連携の大きな試金石になる」と指摘している。

 演習には3カ国のイージス艦が参加。今回は迎撃用ミサイルは使わず、各国が得た情報の共有に力を置いた。ただ、日韓間では直接、機密情報をやりとりするための軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が締結できていないため、米国を仲介する形をとった。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです