メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
企業主導保育所

長男死亡の母、安全管理の改善訴え

賢人ちゃんの遺影をなでる母親。入所する直前に歩き始めたばかりで、用意していた靴(手前)は一度も履くことができなかった=千葉県内の自宅で2016年6月22日午前4時半、黒田阿紗子撮影

 東京都中央区の認可外保育所で3月、1歳2カ月の男児が昼寝中に死亡した事故を巡って29日、都の検証委員会に母親(38)が出席して「保育士が若手しかおらず、安全管理に問題があった」と意見陳述した。事故があったのは企業が従業員向けに設けた「事業所内保育施設」。国はこうした施設を2年間で5万人分整備する方針だが、保育士不足の中で施設が増えても、人員配置など安全面の対策が追いつけないリスクがある。【黒田阿紗子】

 保育施設の重大事故は今年度から、再発防止のため第三者による事後検証が自治体の努力義務となった。都は…

この記事は有料記事です。

残り1539文字(全文1792文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです