メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
企業主導保育所

長男死亡の母、安全管理の改善訴え

賢人ちゃんの遺影をなでる母親。入所する直前に歩き始めたばかりで、用意していた靴(手前)は一度も履くことができなかった=千葉県内の自宅で2016年6月22日午前4時半、黒田阿紗子撮影

 東京都中央区の認可外保育所で3月、1歳2カ月の男児が昼寝中に死亡した事故を巡って29日、都の検証委員会に母親(38)が出席して「保育士が若手しかおらず、安全管理に問題があった」と意見陳述した。事故があったのは企業が従業員向けに設けた「事業所内保育施設」。国はこうした施設を2年間で5万人分整備する方針だが、保育士不足の中で施設が増えても、人員配置など安全面の対策が追いつけないリスクがある。【黒田阿紗子】

 保育施設の重大事故は今年度から、再発防止のため第三者による事後検証が自治体の努力義務となった。都は…

この記事は有料記事です。

残り1539文字(全文1792文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ORICON NEWS [コミケ96]盗撮にセクハラ…コスプレイヤーとカメコ間のトラブルとは? 対処法を弁護士に聞く

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです