企業主導保育所

長男死亡の母、安全管理の改善訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
賢人ちゃんの遺影をなでる母親。入所する直前に歩き始めたばかりで、用意していた靴(手前)は一度も履くことができなかった=千葉県内の自宅で2016年6月22日午前4時半、黒田阿紗子撮影
賢人ちゃんの遺影をなでる母親。入所する直前に歩き始めたばかりで、用意していた靴(手前)は一度も履くことができなかった=千葉県内の自宅で2016年6月22日午前4時半、黒田阿紗子撮影

 東京都中央区の認可外保育所で3月、1歳2カ月の男児が昼寝中に死亡した事故を巡って29日、都の検証委員会に母親(38)が出席して「保育士が若手しかおらず、安全管理に問題があった」と意見陳述した。事故があったのは企業が従業員向けに設けた「事業所内保育施設」。国はこうした施設を2年間で5万人分整備する方針だが、保育士不足の中で施設が増えても、人員配置など安全面の対策が追いつけないリスクがある。【黒田阿紗子】

 保育施設の重大事故は今年度から、再発防止のため第三者による事後検証が自治体の努力義務となった。都は5月に検証委を設置し、この日、非公開で両親から意見を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1509文字(全文1792文字)

あわせて読みたい

注目の特集