メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
図解なるほど

イギリス EU離脱へ

[PR]

 ヨーロッパ連合れんごう(EU)からける(離脱りだつ)かのこる(残留ざんりゅう)かをめるイギリスの国民投票こくみんとうひょうが23にちあり、EUからけることがまりました。イギリス国民こくみん判断はんだんに、世界中せかいじゅう波紋はもんひろがっています。【ぶん出水奈美でみずなみ

    ポイント

    <1>国内二分こくないにぶん、キャメロン首相しゅしょう辞任じにん

    <2>戦争防せんそうふせぐためまれたEU

    <3>世界経済せかいけいざい不安定ふあんていおとしいれた

    <4>国外こくがいへの連鎖れんさ国内こくないでの分裂ぶんれつ危機きき

    離脱りだつ」と「残留ざんりゅう」 わずかな

     投票結果とうひょうけっかをおさらいしましょう。イギリスの選挙管理委員会せんきょかんりいいんかいによると、「離脱りだつ」が1741まん742ひょう(51.9%)、「残留ざんりゅう」が1614まん1241ぴょう(48.1%)。まさに国内こくない二分にぶんする議論ぎろんでした。国民こくみん関心かんしんたかく、投票率とうひょうりつは72.2%でした。今回こんかい国民投票こくみんとうひょうは、キャメロン首相しゅしょう昨年さくねんがつ国会議員こっかいぎいん選挙せんきょで、EUへの残留ざんりゅう疑問ぎもんひとからも支持しじしてもらおうと実施じっし約束やくそくしたものです。おかげで選挙せんきょにはったものの、「残留ざんりゅう」をうったえてきたキャメロン首相しゅしょうは、今回こんかい結果けっかけて辞任じにん発表はっぴょうしました。

    世界経済せかいけいざいの2割占わりしめるEU

     ではEUとはなんでしょう。おなじルールのもとで活動かつどうするヨーロッパのくにのグループです。EUに加盟かめいすると、ヒト、モノ、カネは国境こっきょうえて自由じゆう移動いどうできます。面倒めんどう手続てつづきがなくなるので交流こうりゅう活発かっぱつになり、経済けいざい規模きぼ世界せかいの2わりめるまでになりました。元々もともと第二次世界大戦後だいにじせかいたいせんごの1952ねん、ヨーロッパで戦争せんそうかえしてきた反省はんせいから、資源しげんうばいをなくそうとフランスや西にしドイツ(げんドイツ)など6かこくつくったグループでした。加盟国かめいこくやしながら67ねんにヨーロッパ共同体きょうどうたい(EC)、93ねんにEUとなり、現在げんざいは28かこくやく億人おくにん拡大かくだいしました。

    移民問題いみんもんだいふくらんだ不満ふまん

     しかし近年きんねん、EUにたいする不満ふまんふくらんでいます。ヒトの移動いどう自由じゆうなため、大量たいりょう移民いみんがヨーロッパに仕事しごとうばわれるとかんじるひとえているからです。EUの規制きせいしばられて、自分じぶんたちのくに自由じゆう物事ものごとめられないとかんじているひともいます。ただ、イギリスは加盟国中かめいこくちゅうドイツに経済規模けいざいきぼで、イギリスがけるとイギリス自身じしん加盟国かめいこくとの貿易ぼうえきいまほど自由じゆうにできなくなるため、経済的けいざいてき影響えいきょう世界せかい心配しんぱいしています。世界中せかいじゅうかぶ値段ねだん通貨つうか価値かちきゅうがったりがったりするのもそのせいです。今後こんごしばらくは不安定ふあんていうごきがつづくとみられています。

    スコットランドなどに独立どくりつうご

     EU離脱りだつは、イギリスが加盟各国かめいかっこく離脱りだつらせてから2ねんかけて条件じょうけんととのえます。しかしEUで加盟国かめいこくけるのはイギリスがはじめて。手続てつづきがどうすすむかも手探てさぐりです。EUにたいする不満ふまんはイギリス以外いがいくにでもひろまっているので、ほか加盟国かめいこくにも離脱りだつ残留ざんりゅうかを国民投票こくみんとうひょうめようとするくにてくるかもしれません。イギリス国内こくないでも、今回こんかい投票とうひょう残留派ざんりゅうはほうおおかったスコットランドやきたアイルランドで、イギリスから独立どくりつすべきだといううごきが加速かそくしています。イギリスがバラバラになる可能性かのうせいているのです。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

    2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

    3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

    4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

    5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです