メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度花咲かせよう

「荒野」から京都移住に=残間里江子

 「地方消滅」の危機が叫ばれ、地方再生が急務となっている昨今、地方自治体も「空き家バンク」などを作り、移住推進に力を注いでいる。

 私はラジオで移住者にインタビューをする番組をやっているのだが、数年前までメインターゲットだった60代は脇役に回り、最近では30代、40代の移住が主流だ。

 若い彼らは生き方そのものを見直したいと考え、農業や漁業にいそしみながら、カフェや民宿を開くなど地域経済にも貢献している。

 そんな中、近ごろ私の周りでは京都移住に踏み切った「アラ古希」(70歳周辺)世代が目立っている。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです