メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
シーラカンス

新種の化石 インドネシアの2億3000万年前の地層から

新種のシーラカンスの化石=いのちのたび博物館提供

 北九州市立いのちのたび博物館などの研究グループは1日、インドネシアの約2億3000万年前(三畳紀後期)の地層から見つかったシーラカンスの化石が新種だったと発表した。

北九州の博物館特定

 博物館によると、化石は推定全長23・4センチ。二つの背びれのうち、頭部に近いひれのすじが他種よりも多かったことなどから新種と特定した。南アフリカやカナダの三畳紀前期(約2億5000万年前)の地層で発掘済みの「ワイテイア属…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです