メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
鬼平を歩く

江戸・東京今昔/36 二本榎と望楼 高輪 高台にそびえ目印に /東京

高輪消防署二本榎出張所の望楼で「昔は24時間体制でここから町の安全を見守っていました」と語る渡辺所長

 江戸時代、江戸から諸国に通じる街道には、日本橋を起点に一里(約4キロ)ごとに道の両側に塚が築かれ、エノキが植えられていた。一里塚と呼ばれ、旅人にとってどのあたりを歩いているかの目安となった。

 なぜエノキか? 徳川家康が全国規模の一里塚整備を命じた1604年2月4日のエピソードが、幕府の公式記録「徳川実紀」に記されている。一里塚計画の責任者、大久保石見守長安がどんな木を植えればよいかを家康に尋ねた。家康の返答は「よ(良)い木を用いよ」。大久保は「よい木」をエノキと聞き違えた。

 忠臣蔵の四十七士の墓がある泉岳寺(港区高輪)西側の高台一帯は江戸時代、二本榎(えのき)と呼ばれた。…

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1300文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです