メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

EU改革急務=西川恵

 <kin−gon>

 英国の欧州連合(EU)からの離脱決定で、EU加盟27カ国は二つの問題に直面している。ひとつは英国との離脱交渉、二つめはEU改革。前者は英国が離脱を通告した時点から始まるから、英保守党が新党首を決める秋まで待たねばならない。他方、EU改革は離脱ドミノを防ぐためにも急務の課題だ。

 英国の国民投票では、「移民」と「EU」が離脱派のスケープゴートにされたが、EUに問題がなかったわけではない。EU改革の必要性は20年以上前から言われながら、事実上放っておかれた。

 戦後、「仏独和解」「欧州から戦争を起こさない」を理念に据え、欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)、欧州共…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです