メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

路線価

8年ぶり上昇…14都道府県プラス

路線価が31年連続日本一となった東京・銀座の文具店「鳩居堂」前=松浦吉剛撮影

 国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2016年(1月1日時点)の路線価を公表した。全国の平均変動率は前年比0.2%プラスとなり、リーマン・ショック前の08年以来8年ぶりに上昇に転じた。金融緩和や円安を背景とした国内外の不動産投資の活発化や訪日外国人客(インバウンド)増加に支えられて14都道府県で上昇、下落した33県の大半でも下げ幅が縮小した。ただ、一部に下落幅が拡大している地域もあり、地方では地価回復への足取りは重い。

 前年は10都府県で上昇したが、今年は海外観光客の増加で商業地の価値が向上したことなどから、北海道と福岡が8年ぶりに、広島と熊本はバブル末期(1992年)以来の上昇となった。熊本は4月の地震被害は反映されていない。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 高松2児放置死「飲みに行くこと注意されて預けられず」 逮捕の母供述

  4. 特集ワイド 「従わない官僚左遷」菅首相が発言 「独裁政治」継承の第一歩 社民党党首・福島瑞穂さん

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです