自動ブレーキ

ベビーカーに装着 中学生の発明が特許

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
特許証(左)とベビーカーの写真を手にする太田匠郎さん=愛知県刈谷市の朝日中で
特許証(左)とベビーカーの写真を手にする太田匠郎さん=愛知県刈谷市の朝日中で

 今春の第74回全日本学生児童発明くふう展(発明協会主催、毎日新聞社など後援)で、第2位となる内閣総理大臣賞に選ばれた愛知県刈谷市立朝日中学3年、太田匠郎さん(14)の作品「ママも安心、自動ブレーキ付きベビーカー」の制御方法が特許を得た。ベビーカー事故の防止に役立ち、親たちも安心して使えるという理由だ。太田さんは商品化したい考え。【安間教雄】

 創作のきっかけは、ブレーキを掛けていなかったベビーカーが、駅のホームから転落するケースがあると聞いたこと。ベビーカーを動かさない時は、自動的にブレーキが掛かる仕組みにすれば良いと考えた。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文640文字)

あわせて読みたい

注目の特集