メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都知事選

自民、小池氏中心に調整…桜井氏の説得困難

桜井俊前総務事務次官(右)と小池百合子元防衛相

 14日告示の東京都知事選(31日投開票)で自民党都連が、候補者を自民党衆院議員の小池百合子元防衛相(63)らに絞って最終調整に入ったことが都連関係者の話で分かった。都連は桜井俊前総務事務次官(62)に出馬要請したが、桜井氏は固辞する姿勢を崩しておらず説得は困難と判断したとみられる。党内には前岩手県知事の増田寛也元総務相(64)を推す声もあり、自民党は週内にも擁立候補を決定する方針。【川畑さおり、柳澤一男、山田奈緒】

 都連関係者によると、桜井氏は6月27日に「退官のあいさつ」として首相官邸を訪れ、官邸サイドに「出馬要請を受けても断る」との意向を伝えた。29日には都連会長の石原伸晃経済再生担当相が面談して出馬の意思を確認したが、桜井氏は再度、その意向がないことを伝えた。

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 東京の感染者、新たに10人確認 50人以下は21日連続

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです