メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大麻

脳内の神経回路に悪影響 大阪大、米科学誌に発表

 大阪大の木村文隆准教授(神経科学)らの研究グループは、大麻や危険ドラッグの有効成分が脳内の神経回路の正常な発達を妨げることをマウスを使った実験で突き止めた。大麻は一部の国で合法とされているが、幼少期の脳に悪影響を及ぼすことを実証した。30日、米科学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」に掲載された。

 大脳皮質の神経回路について調べた。主に幼少期に環境の刺激などを受けて形成され、五感の認識や運動の命令などさまざまな情報を伝達する。神経細胞(ニューロン)が軸索を木の枝のように大きく伸ばした後、不要な枝が刈り取られて最適な回路が形成されていくが、刈り取りの詳しいメカニズムは未解明だった。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです