原発汚染土

「8000ベクレル以下」なら再利用を決定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
汚染土などが入ったバッグ(上)=福島県双葉町で2015年3月、小出洋平撮影
汚染土などが入ったバッグ(上)=福島県双葉町で2015年3月、小出洋平撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の汚染土などの除染廃棄物について、環境省は30日、放射性セシウム濃度が1キロ当たり8000ベクレル以下であれば、公共事業の盛り土などに限定して再利用する基本方針を正式決定した。同省が非公式会合で盛り土の耐用年数をはるかに超える170年もの管理が必要になると試算していたことが発覚したが、基本方針では「今後、実証事業で安全性や具体的な管理方法を検証する」と表記するにとどまり、管理期間には言及しなかった。

 福島県大熊、双葉両町にまたがる中間貯蔵施設に保管される除染廃棄物は最大2200万立方メートルになると見込まれる。国は2045年3月までに県外で最終処分する方針で、できるだけ再利用して処分量を減らしたい考え。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文696文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集