特養

待機者が急減 「軽度」除外策、介護難民増加か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
特養ホームの食事風景。入所者は要介護度の高い人ばかりだ=埼玉県北本市の特別養護老人ホーム「さくら苑」で2016年6月13日午前11時40分、稲田佳代撮影
特養ホームの食事風景。入所者は要介護度の高い人ばかりだ=埼玉県北本市の特別養護老人ホーム「さくら苑」で2016年6月13日午前11時40分、稲田佳代撮影

 52万人が入所待ちしていた「特別養護老人ホーム」の待機者が、各地で大幅に減ったことがわかった。埼玉県で4割、北九州市で3割、東京都で2割弱など毎日新聞が取材した10自治体ですべて減っていた。軽度の要介護者の入所制限や利用者負担の引き上げなど、政府の介護費抑制策が原因とみられる。一方、要介護度が低くても徘徊(はいかい)がある人らが宙に浮いており、施設関係者らは「介護難民」が増えたと指摘している。

 特養ホームは建設時に公的支援があるため公共性が強く、低所得者や家族のいない人を優先的に受け入れている。希望者が多く、入所まで数年待つことも珍しくない。

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1125文字)

あわせて読みたい

注目の特集