特養待機者急減

要介護者、奪い合い 施設空き出始め

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 数年間の入所待ちが当たり前だった特別養護老人ホームの待機者が大幅に減り始めた。軽度の要介護者を門前払いにし、民間の施設や自宅での介護に回す国の政策が形になり始めた格好だ。一方で要介護度が低くても世話の大変な認知症の人が特養を利用できず、公費を投じた特養の一部に空きが出る矛盾も出ている。【斎藤義彦、稲田佳代、榊真理子】

 よそより一刻も早く--。特養の多い地域では要介護者の争奪戦が始まった。

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1204文字)

あわせて読みたい

注目の特集