メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男性の育休

「取りたい」から「取らなきゃ」へ 共働き家庭をのぞいた

育休を取った倉橋康友さん。退院する妻を迎えに行く前に、長女の希ちゃんとシャボン玉で遊んだ=2016年6月20日、中嶋真希撮影

 共働き世帯が増え、育児に熱心な「イクメン」がもてはやされている。政府は、2020年までに男性の育休取得率を13%まで上げることを目標に掲げているが、まだ一般的でないのが現状だ。一方で、男性の育休は「取れるなら取りたい」から「取らないと回らない」に変わりつつある。IT企業で育休を取得した男性たちを追うと、そこには流行の「イクメン」ではなく、共働きで必死に子供を育てる父親の姿があった。【中嶋真希】

 神奈川県藤沢市の、海からほど近い一軒家。会社員の倉橋康友さん(32)は、朝から長女の希ちゃん(3)の世話に追われていた。6月16日に長男が生まれ、それに合わせて育休に入って5日目。慣れた様子で希ちゃんを着替えさせ、トイレに連れて行く。おかしを食べたがる希ちゃんに、倉橋さんは「ママには内緒にしよう」といたずらっぽく笑ってアイスを渡す。慌ただしさよりも、静かな空気が流れていた。

この記事は有料記事です。

残り2488文字(全文2876文字)

中嶋真希

2006年毎日新聞社入社。静岡支局、毎日小学生新聞などを経て15年10月からデジタルメディア局。東日本大震災の影響で統廃合した宮城県石巻市の小学校や、性的少数者、障害者の社会進出などについて取材を続けている。共著書に「震災以降 終わらない3・11-3年目の報告」(三一書房)がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです