メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
レインボー・リール東京

レズビアン&ゲイ映画祭が改名 楽しみ方は

「レインボー・リール東京」の宮沢英樹さん(左)と、広報の樋口康さん=中嶋真希撮影

 25年にわたって「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」として親しまれてきた映画祭が、今年から「レインボー・リール東京」と新たに名前を変える。性の形は多様で、同性愛に限らないという思いがあったからだ。改名のきっかけや、9日から東京都新宿区のシネマート新宿、15日から同港区のスパイラルホールで始まる映画祭の楽しみ方を主催者に聞いた。【中嶋真希】

 性的少数者の芸術を紹介しようと1992年に始まった「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」は、毎年ボラン…

この記事は有料記事です。

残り1850文字(全文2070文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

中嶋真希

2006年毎日新聞社入社。静岡支局、毎日小学生新聞などを経て15年10月からデジタルメディア局。東日本大震災の影響で統廃合した宮城県石巻市の小学校や、性的少数者、障害者の社会進出などについて取材を続けている。共著書に「震災以降 終わらない3・11-3年目の報告」(三一書房)がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです