シェアオフィス

熱海にオープン 起業・交流の拠点に /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
各テーブルで打ち合わせや作業が行われているシェアオフィス「naedoco」=熱海市銀座町で
各テーブルで打ち合わせや作業が行われているシェアオフィス「naedoco」=熱海市銀座町で

 ビルの空きフロアをリノベーション(再生)したシェアオフィスが1日、熱海市銀座町のサトウ椿(つばき)ビルにオープンした。運営会社「machimori(まちもり)」の市来広一郎社長は「これからの熱海を作っていく、起業や交流の拠点になれば」と話した。

 ビルは1959年建築の鉄筋コンクリート地下1階、地上4階建て。このうち、使われていなかった2階の約165平方メー…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

あわせて読みたい

注目の特集