メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

消費伸びぬ背景に働く人激減=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 60歳を過ぎた頃から学生時代の同期会が以前より頻繁に開かれるようになった。会場は、学生の頃に逆戻りしたかのような安い居酒屋が多い。

 日本の個人消費が伸びないからという理由もあって消費税増税が再延期された。だが、個人消費が伸びないのは景気が悪いからではない。そもそも失業率は3・2%だし、有効求人倍率は1・36倍とバブル期の1991年10月以来の高い水準にある。むしろ、好景気という実感がないのは働く人が毎年大幅に減少しているのが大きな理由だ。

 団塊の世代が次々と65歳に達し、昨年度全員が65歳以上になった。毎年200万人以上生まれていたこの…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです