ダッカ襲撃

政府、情報分析急ぐ 現地に副外相ら派遣へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は2日昼、ダッカで発生した武装集団による人質事件に関し、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開いた。情報分析を進めるとともに、現地で情報収集や関係者の対応にあたる海外緊急展開チームと木原誠二副外相を派遣することを決めた。

 NSCには、安倍晋三首相、岸田文雄外相、麻生太郎副総理兼財務相らが出席。会議後に記者会見した萩生田光一官房副長官は、現地で警察が武装集団の立てこもったレストランに突入し、12人を救出し、うち2人が外国人だったと明らかにした。だが、日本人が含まれてい…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

あわせて読みたい

注目の特集