ダッカ襲撃

日本人人質か 当局突入、武装集団と銃撃戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューデリー金子淳】バングラデシュの首都ダッカで1日午後9時20分(日本時間2日午前0時20分)ごろ、武装集団が大使館の集まる地域のレストランを襲撃し、外国人客やスタッフらを人質に立てこもった。治安部隊が2日午前7時40分(日本時間同午前10時40分)ごろ突入し、激しい銃撃音がしたが間もなくやんだ。現場から5人の遺体が見つかった。地元メディアなどによると、突入前までに少なくとも警察官2人が死亡、26人が負傷した。人質は外国人約20人を含む少なくとも35人に上る模様だ。英BBCはイタリア人のほか日本人5人が含まれていると報じ、日本政府が確認を急いでいる。

 イタリアメディアは治安部隊の突入前、在ダッカ・イタリア大使の話として、約20人の外国人人質にはイタリア人7人、日本人1人、韓国人2人が含まれていると伝えた。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1354文字)

あわせて読みたい

注目の特集