メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊藤忠商事

ウエアラブルや独身寮ジム化 健康増進で稼ぐ

伊藤忠の社員食堂では、女子栄養大学監修など健康を意識したメニューが並ぶ

悲願の商社トップの定着狙う

 15年度に初のトップ商社となった伊藤忠商事が、ウエアラブル端末による体調管理や、スポーツジムのある独身寮の新設など、社員の「健康増進策」を次々と打ち出している。三菱商事や三井物産などライバル商社に比べて社員数の少ない伊藤忠は、「健康増進で一人当たりの生産性を高め、メリハリを付けながらバリバリ働いて商社首位を不動のものにする」(垣見俊之人事・総務部長)と意気込んでいる。【永井大介】

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  3. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです