メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見つけた・この店

新潟・西蒲「鯛車焼一成」 たい焼きとは違った食感 /新潟

焼き上がった鯛車焼を手に取る田畑さん

 「しっぽまであんこたっぷり」ならぬ「『車』まであんこたっぷり」−−。新潟市西蒲区のJR巻駅からほど近い一角に、巻地区の郷土玩具「鯛車(たいぐるま)」形のたい焼きを販売する「鯛車焼一成」がある。店主の田畑一成さん(33)は「巻でおいしい思い出を作ってほしい」と慣れた手つきでどんどん鯛車焼を焼いていく。

 建設業に就いていた田畑さんは、2004年に発生した中越地震後、県内各地を回って復興作業に当たっていた。父が病に倒れたのを機に地元に戻り、両親が経営する喫茶店を手伝い始めたが、店を訪れるのは両親のなじみ客ばかり。自分の居場所が見つからず、「自分でも何かしたい」と思うようになっていた。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです