丸山豊記念現代詩賞

久留米で最後の贈呈式 受賞の白井さん「幸運だった」 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
丸山豊記念現代詩賞実行委の浜崎会長(右)から賞状を受け取る白井さん
丸山豊記念現代詩賞実行委の浜崎会長(右)から賞状を受け取る白井さん

 今年で終了する丸山豊記念現代詩賞の贈呈式が2日、久留米市野中町の石橋文化会館であった。最後の受賞者になった那覇市の詩人、白井明大(あけひろ)さん(46)は「丸山豊の生誕100年の年に出した詩集で受賞したのは幸運だった」とあいさつした。

 受賞作は昨年出版された「生きようと生きるほうへ」(思潮社)。福島原発事故で東京から沖縄に家族で避難した経験を…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集