メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

バングラテロの衝撃

保坂修司氏

 バングラデシュの首都ダッカのレストランで、外国人を標的にした武装集団による人質テロ事件が起き、日本人7人が殺害された。テロの脅威がグローバル化する中、その形態や背景は、それぞれの国や地域の事情をも抱え込む。なぜバングラで、しかも外国人が犠牲にならざるを得なかったのか−−。

国際的な対応策見えず 保坂修司・日本エネルギー経済研究所中東研究センター研究理事

 バングラデシュでは昨年9月にイタリア人、10月には日本人が殺されるなど、世俗的な考え方を持つ外国人や人権活動家、さらに異教徒らが狙われてきた。犯行声明の信ぴょう性ははっきり分からないが、過激派組織「イスラム国」(IS)の以前からのパターンで、今回のテロもその一例だと思う。

 ISの場合、外国人が集まる場所など攻撃対象がだいたい決まっている。バングラの治安当局が何らかの対策…

この記事は有料記事です。

残り4084文字(全文4448文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです