メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラテロ

現場緊迫、続く厳戒警備…雨のダッカ

襲撃現場のレストランにつづく路上で、警戒中の警察官=ダッカで2016年7月2日午後6時40分ごろ、金子淳撮影

 【ダッカ金子淳】バングラデシュの首都ダッカで日本人を含む外国人ら多数が犠牲となった人質テロ事件。治安部隊の突入から約11時間後の2日夕に入った現場のグルシャン地区には、緊迫した雰囲気が漂っていた。襲撃されたレストラン「ホーリー・アルチザン・ベーカリー」周辺の道路は金属製のバリケードや警察車両で封鎖され、ライフル銃を抱えた厳しい表情の警察官数十人が、厳戒態勢を続けていた。

 事件現場は大使館や高級住宅が建ち並ぶ一角だ。現場レストランの約200メートル手前の路上に設定された…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文513文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです