洋上発電

巨大風車、ゆっくり北上…兵庫から福島沖へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福島県沖の太平洋上に設置される洋上風力発電「ふくしま浜風」の風車1基が2日、組み立てをしていた兵庫県洲本市の洲本港沖から4隻のタグボートに引かれて出発した。海に浮かべて経済産業省の実証研究事業に使われるもので、3〜4ノット(時速5.6〜7.4キロ)で1週間かけて福島県楢葉町沖を目指す。

 福島県沖では台座となる浮体装置をアンカ…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文368文字)

あわせて読みたい

注目の特集