メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロングセラー・ベストセラーの訳

コニシ 裁ほう上手 アイロンで布接着 かばん“貼り”仕事で

塗るだけでかばんが作れて、ズボンの裾上げなどもできる「裁ほう上手」=大阪市中央区で、山崎一輝撮影

 針と糸がなくても簡単に布製かばんが作れて、ズボンやスカートの裾上げもできるコニシの接着剤「裁ほう上手」。接着剤で貼り合わせた箇所にアイロンを当てるだけで素早くくっつき、洗濯やドライクリーニングを重ねてもはがれにくい。軽やかなネーミングに加えて、容器の色は深みのあるピンク、パッケージには「かばんが作れる!」などのキャッチコピーを大きくあしらう。これまで「木工用」「ウルトラ多用途」など用途をそのままネーミングにしてきた同社にとって、大きな冒険だったという。2012年12月の発売後、幅広い世代の女性に受け入れられて販売本数は右肩上がりに伸び、昨年度は年120万本に達した。【岡田功、撮影・山崎一輝】

 「子どもの幼稚園入園を控え、かばんや靴入れを作りたいが、ミシンを扱えない。既製品では味気ないし………

この記事は有料記事です。

残り1612文字(全文1962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです