メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

マネー編 確定拠出年金で老後資金を

 確定拠出年金(DC)法が改正され、来年1月から対象者が専業主婦、公務員などほとんどの現役世代に広がる。DCは税制優遇があり、老後の資産形成に適した制度。改正のポイントや利用方法を専門家に聞いた。

 ●掛け金、所得控除に

 DCは公的年金に上乗せされる私的年金だが、毎月払う掛け金は全額所得控除となる。例えば企業年金のない年収500万円の会社員が上限の年27万6000円拠出すると、所得税と住民税合わせて年8万2800円の節税効果が見込まれる。さらに、現在の制度では運用期間中は運用利益に課税されず、60歳以降に受け取る際に一時金、年金どちらも税控除の対象となる。

 拠出をだれがするかによって、個人型と企業型がある。個人型の加入率は1%を切っているため、今回の改正で、中小企業が個人型に加入している従業員に、追加拠出できる制度なども設けた。

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです