メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

マネー編 確定拠出年金で老後資金を

 確定拠出年金(DC)法が改正され、来年1月から対象者が専業主婦、公務員などほとんどの現役世代に広がる。DCは税制優遇があり、老後の資産形成に適した制度。改正のポイントや利用方法を専門家に聞いた。

 ●掛け金、所得控除に

 DCは公的年金に上乗せされる私的年金だが、毎月払う掛け金は全額所得控除となる。例えば企業年金のない年収500万円の会社員が上限の年27万6000円拠出すると、所得税と住民税合わせて年8万2800円の節税効果が見込まれる。さらに、現在の制度では運用期間中は運用利益に課税されず、60歳以降に受け取る際に一時金、年金どちらも税控除の対象となる。

 拠出をだれがするかによって、個人型と企業型がある。個人型の加入率は1%を切っているため、今回の改正…

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 南海トラフ地震津波確率 和歌山、高知など5メートル以上「非常に高い」 初の推計発表

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです