メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

近藤芳美没後10年=酒井佐忠

 代表的戦後歌人の近藤芳美が没して10年。彼の深い「思想詠」に魅せられた今井正和の初めての短歌評論集『無明(むみょう)からの礫(つぶて) 2006−2015』(北冬舎)が出た。

 「時代の表層と戯れる言葉ではなく、本質を見極める<短歌の思想史>へ」との帯文の言葉が、その内容を如実に現す。「失われた10年」の後にやってきた「危機的な10年」。東日本大震災から原発事故、特定秘密保護法や安保法制、さらに表現の自由と沖縄の問題へ。小さな詩型の短歌に何ができるのか。時評を中…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  5. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです