メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 王者ジョコビッチ完敗 錦織16強

 【ロンドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第7日は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス3回戦で、2連覇を狙う第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が、アニカ・ベック(ドイツ)に6−3、6−0でストレート勝ちし、ベスト16となる4回戦に進んだ。S・ウィリアムズは4大大会通算300勝を達成し、1968年のオープン化以降、女子でマルチナ・ナブラチロワ(米国)の306勝に次ぐ単独2位とした。

 女子ダブルス2回戦は、穂積絵莉(エモテント)加藤未唯(佐川印刷)組が、第1シードのマルチナ・ヒンギス(スイス)サニア・ミルザ(インド)組に3−6、1−6でストレート負けした。

この記事は有料記事です。

残り1532文字(全文1844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  2. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 自首の36歳、殺人容疑で逮捕 埼玉・富士見のマンション2遺体

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです