ペーロン競漕

熱いぜ 兵庫・相生

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水しぶきを上げながら、勢いよくペーロン船をこぐ選手たち=兵庫県相生市で2016年7月3日午後2時51分、川平愛撮影
水しぶきを上げながら、勢いよくペーロン船をこぐ選手たち=兵庫県相生市で2016年7月3日午後2時51分、川平愛撮影

 兵庫県相生市の相生湾で3日、「ペーロン競漕(きょうそう)」があった。最高気温が34.0度を記録するなか、手こぎのペーロン船(長さ13メートル)がドラや太鼓のリズムに乗って進むと、約4万人(主催者発表)の観衆から大きな声援と拍手がわき起こった=写真・川平愛撮影。

 66チームが参加。28人のこぎ手が息を…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文306文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集