メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
川辺川ダム

計画から50年 中止も法的手続きされず

2008年9月、蒲島郁夫知事が県議会で川辺川ダム計画の白紙撤回を表明。手を取り合って喜ぶ傍聴席の人たち=熊本県議会場で、和田大典撮影

 国が球磨川の支流・川辺川に巨大なダムを建設する計画を発表してから、3日で50年になる。紆余(うよ)曲折の末に本体着工寸前まで進んだが、ダムの「受益地」とされる下流域住民らの反対運動で中止に追い込まれ、現在に至っている。ただ計画中止の法的な手続きはいまだされておらず、計画が息を吹き返す可能性をはらんだ状態が続いている。【福岡賢正】

 国が川辺川ダム建設計画を発表したのは、集中豪雨で球磨川が氾濫し、人吉市などで戦後最大の被害が出た1…

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1101文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです