メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に
永田町の目

(2)伊藤惇夫さん「動き始めた無党派層、民進の比例票に上積みの可能性」

どうなる参院選5日連続ロングインタビュー

 改憲を目指す安倍晋三首相にとって、自民党総裁の任期延長がないとすれば、今回の参院選は「最初で最後のチャンス」だが、無党派層に従来と異なる動きが現れているという。「永田町の目」第2回は、自民党本部職員を経て旧民主党事務局長を務めるなど現場を踏まえた緻密な分析で知られる政治アナリストの伊藤惇夫さん(67)。仮に自民などの改憲勢力が議席の「3分の2」を取れなければ、安倍政権は目標を喪失した「レームダック政権」になる可能性があると指摘する。【聞き手・尾村洋介/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り11717文字(全文11978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです