メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙なるほドリ

Q 候補者は誰? 調べ方を教えて

投票を訴えるうちわを手に、候補者の演説に耳を傾ける人たち=大阪市内で6月26日、加古信志撮影

[PR]

A 候補者の氏名や顔写真、略歴、政治を行う上での見解(政見)、公約が記載された「選挙公報」が、投票日の2日前までに各家庭に配布されるほか、都道府県の選挙管理委員会のホームページに掲載されます。一覧はこちら

 選挙公報の配布方法は自治体によって異なり、東京都千代田区の場合は、選挙人名簿に登録されている有権者の世帯に郵送します。川崎市は、各町内会や自治会の協力により有権者のいる各世帯に配布します。市役所や区役所、役場などに置かれることもあります。

 視覚障害者向けに、政見を点字や音声にした「選挙のお知らせ」を配布する場合もあります。詳細は都道府県または市区町村の選挙管理委員会に問い合わせてください(選管の連絡先)。

 新聞各紙とそのニュースサイトでも、選挙区や比例代表、党派別の候補者が分かります。毎日新聞の特集ページはこちらです。【岡礼子/デジタル報道センター】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです