メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

3都市連続テロ 聖地メディナ、4人死亡 ラマダン最終日前日

 【カイロ秋山信一】サウジアラビア西部にあるイスラム教の聖地メディナなど3都市で4日、自爆テロが相次いだ。サウジ資本の衛星テレビ局アルアラビーヤによると、メディナでは治安機関の施設近くの駐車場での爆発で治安当局者ら4人が死亡した。犯行声明は出ていないが、過激派組織「イスラム国」(IS)などサウジ王室と敵対する勢力による犯行の可能性が高い。

 メディナの現場は、イスラム教の預言者ムハンマドの霊廟(れいびょう)がある「預言者のモスク(イスラム礼拝所)」と近接している。5日にラマダン(イスラム教の断食月)の最終日を迎えるのを前に「預言者のモスク」には多くの巡礼者が訪れていた。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです