メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治しようよ

18歳選挙権 10代有権者、鈍い反応 陣営や選管、関心喚起に試行錯誤 /富山

公開討論会で「投票に行く」と手を挙げた高校生はわずかだった=富山市願海寺の富山国際大付属高で、大東祐紀撮影

 先月19日施行の改正公職選挙法により、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられ、参院選では、県内の18、19歳約2万人が新たに有権者となる。富山選挙区(改選数1)で議席を争う3陣営は大学前での街頭活動や若者グループと連動するなど、若者票の取り込みに躍起になっている。しかし、いずれの陣営も「反応は鈍い」といい、10代有権者の政治への関心が高まっていない現実もある。【大東祐紀】

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです