賠償提訴

「医療過誤」でまひ、中2ら提訴 地裁小倉 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 脊椎(せきつい)の手術で神経を損傷したため全身まひなどが残ったとして、岡垣町の中学2年の男子生徒(13)と両親が4日、飯塚市の「総合せき損センター」を運営する独立行政法人「労働者健康安全機構」に対し介護費や慰謝料など約1億4500万円を求める訴訟を地裁小倉支部に起こした。

 訴状によると、生徒には生まれつき下半身…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文365文字)

あわせて読みたい

注目の特集