メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治しようよ

18歳選挙権 高校生、今語り合う 投票率向上策や沖縄基地問題 松山で全国から、投票日に「未来サミット」

チラシを配ってサミットへの参加を呼びかける鷲野天音さん(右)=松山市で2016年6月22日、黒川優撮影

 選挙権年齢が18歳に引き下げられて初の国政選挙となる参院選投開票日の10日、愛媛県立松山東高3年の鷲野天音(あまと)さん(18)=同県久万高原町=らが中心になり、松山市内で「全国高校生未来サミット」を開く。愛媛、大阪、新潟、沖縄などの高校生らがパネリストとして出席予定で、幅広い社会問題について意見をかわす。鷲野さんは「高校生には無限の可能性がある。選挙を通じ、社会にインパクトを与えたい」と話し、広く参加を呼びかけている。【黒川優】

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 宮内庁、「高御座」組み立て作業公開 「即位礼正殿の儀」で使用

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです