メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玄海原発

伊万里市長が「脱原発」宣言 再稼働に危機感

「原発の再稼働は心情的にも反対」と宣言した塚部市長=佐賀県伊万里市役所で2016年7月4日午前10時24分、渡部正隆撮影

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働問題で、佐賀県伊万里市の塚部芳和市長は4日の定例記者会見で「再稼働に同意するつもりはない」と、明快に脱原発を宣言した。同市は市域の大半が原発から30キロのUPZ(緊急防護措置区域)圏内だが、再稼働に必要な「地元の同意」では蚊帳の外。このため、再稼働へと順調に進む現状に危機感を抱いての表明とみられるが、これまで条件付き賛成とみられていた市長の急変は、大きな波紋を呼びそうだ。【渡部正隆】

 国内の原発は5年前の福島の事故で全基が停止。現在は川内原発(鹿児島県)の2基が再稼働しているだけ。…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1082文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 仮面ライダー 令和初は「ゼロワン」 AIがテーマ “青年社長”が変身!
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです