メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

聖地メディナも標的…3都市で自爆テロ

サウジアラビアのメディナ

 【カイロ秋山信一】サウジアラビア西部にあるイスラム教の聖地メディナなど3都市で4日、自爆テロが相次いだ。サウジ資本の衛星テレビ局アルアラビーヤによると、メディナでは治安機関の施設近くの駐車場での爆発で治安当局者ら4人が死亡した。犯行声明は出ていないが、過激派組織「イスラム国」(IS)などサウジ王室と敵対する勢力による犯行の可能性が高い。

 メディナの現場は、イスラム教の預言者ムハンマドの霊廟(れいびょう)がある「預言者のモスク(イスラム礼拝所)」と近接している。5日にラマダン(イスラム教の断食月)の最終日を迎えるのを前に「預言者のモスク」には多くの巡礼者が訪れていた。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 東京で新たに1592人の感染確認 日曜日では過去最多

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです