バングラテロ

「あまりにむごい」…インド人女子大生葬儀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ダッカ金子淳】バングラデシュの首都ダッカで人質20人が殺害されたテロ事件で、犠牲となったインド人女子大生、タラシ・ジェインさん(19)の葬儀が4日、インドの首都ニューデリー近郊のグルガオンで営まれた。「どうして罪のない子を殺すのか」「あまりにもむごい」。毎日新聞助手の取材に応じた親族や友人は悲しみや怒りを口にし早すぎる死を悼んだ。

 親族らによると、ジェインさんはダッカで服飾関係の仕事に就く両親の下で育ち、米国の大学に留学したが、両親の実家があるインド北部フィロザバードをたびたび訪れていた。事件当時は休暇で米国からダッカの両親の元に帰省中で、友人と事件があったレストランに出かけ襲撃に巻き込まれた。葬儀に参列した親戚のアジット・ジェインさんは泣きながら「あの子はあまりにもひどい苦痛を受けた」と話した。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文552文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集