メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

北村有起哉 あきらめない希望持つ 舞台「BENT」 ナチスに迫害される同性愛者

北村有起哉さん=濱田元子撮影

 ナチスにより同性愛者も迫害されるなか、運命に翻弄(ほんろう)された男たちを描く舞台「BENT」(マーティン・シャーマン作、徐賀世子訳、森新太郎演出)が7〜8月、東京などで上演される。連行された強制収容所で、佐々木蔵之介演じるマックスと支え合いながら生きるホルストを演じるのが北村有起哉。「小手先では通用しない」と稽古(けいこ)場で格闘しながら「強いメッセージ性があり、心してかからなければいけない作品。こういう骨太な作品に出合えたのはうれしい」と語る。

 ナチス政権下のベルリン。強制収容所に送られるマックスが出会ったのは、胸に同性愛者の印、ピンクの三角…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです