メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/12 「宗教を見限ってほしくない」 他の教団にも呼び掛け冊子発行 /香川

「宗教からのメッセージ」について説明する竹本了悟さん=京都市内で、玉木達也撮影

 自死遺族は、自殺に対する偏見や誤解を持った宗教者が葬儀などの場で発した一言で、心がさらに傷つくことがある。NPO法人代表として自殺問題に取り組む一方、浄土真宗本願寺派(西本願寺)の僧侶としても活動する竹本了悟さん(38)は、こういうことで「宗教を見限ってほしくない」と願う。

 宗教はいろんな種類があり、その人に「ぴったりくるもの」があるかもしれない。そこで竹本さんらが中心になり、他の教団にも呼び掛けて作ったのが冊子「宗教者からのメッセージ」だ。

 編集・発行は西本願寺の総合研究所(京都市)だが、17教団が参加した。「死にたいほどの苦悩を抱える方…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文693文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです