メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

安保法施行後のPKO 新任務、対応に苦慮 政府、参院選前 導入せず

 3月に施行された安全保障関連法による新たな任務に備え、自衛隊は武器使用の在り方などの整理を進めている。特に焦点となる国連平和維持活動(PKO)では、派遣予定の部隊が不測の事態に遭遇した場合の判断力を訓練の場で磨く。一方で、安保関連法への世論の賛否が割れている経緯もあり、政府は同法を巡る議論が参院選で争点化することを警戒。政治判断に左右される自衛隊は新任務の訓練に正面から取り組めていない。5〜6月にモンゴルで行われたPKOの国際訓練でも苦慮がのぞいた。【町田徳丈】

 銃を持った男2人が両手を上げながら日本の宿営地に向かってくる。「ストップ! ストップ!」。陸自隊員…

この記事は有料記事です。

残り1996文字(全文2280文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 大麻取締法違反容疑
  2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  3. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  4. 売春あっせん疑い ビッグバン元メンバー、V・I氏出頭 韓国地裁が逮捕状審査
  5. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです