メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ連続テロ

3都市で4人死亡 聖地メディナなど

 【カイロ秋山信一】サウジアラビアで4日、西部にあるイスラム教の聖地メディナなど3都市で自爆テロが相次ぎ、少なくとも4人が死亡、7人が負傷した。メッカに次ぐイスラム教の聖地での自爆テロ事件はイスラム圏全体に衝撃を与え、サウジと政治的に対立するイランからも非難の声が上がった。

 サウジ資本の衛星テレビ局アルアラビーヤによると、メディナで4日午後7時ごろ、「預言者のモスク(イスラム礼拝所)」に近接する駐車場で、男が治安当局者らに接近した後に自爆し、治安当局者4人が死亡、5人が負傷した。4日には西部ジッダの米総領事館や東部カティフのイスラム教シーア派のモスクの近くでも男が自爆する事件が起きたが、死者はいなかった。

 犯行声明は出ていないが、過激派組織「イスラム国」(IS)などサウジ王室と敵対する勢力による犯行の可能性がある。治安当局は、ジッダの自爆犯はサウジ在住のパキスタン人運転手だと発表したが、テロ組織との関連は不明だ。

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです