メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿蘇大橋の架け替え 600メートル南西に 

 熊本地震で崩落した阿蘇大橋(熊本県南阿蘇村)の復旧を検討する有識者会議(委員長・日野伸一九州大副学長)が5日、国土交通省熊本河川国道事務所(熊本市)であり、阿蘇大橋があった場所より約600メートル南西に離れた場所に橋を架け替えることを決めた。

     同事務所によると、崩落した橋の長さが約200メートルだったのに対し、元の場所より下流に設置される新たな橋の全長は約600〜700メートルになる予定。取りつけ道路を含めた総区間は約1キロになる見通しで、工法や工期は今後検討していく。

     同会議は5月の第1回会合では、阿蘇大橋の架け替え場所について▽安全性▽早期復旧▽阿蘇の玄関口の景観性▽地域コミュニティーの維持−−の観点から、元の阿蘇大橋の周辺4カ所を検討。地盤調査や断層の位置から「最もリスクが少ない」として、今回の場所を選定した。

     新たな橋は国が直轄事業として復旧を進めており、政府が5月に予備費で調査設計費約6億円を計上。今年度中に測量や設計に着手する。【浅野翔太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高速バス 東北道で運転手が意識失い急死 乗客が止める 
    2. 崎陽軒 2種の限定弁当販売 きょう、あす /神奈川
    3. 中国 北朝鮮で地震探知 中国当局が「爆発の疑い」
    4. スペースワールド 実物大スペースシャトル、10億円 北九州のテーマパーク、資金提供者へ引き渡し
    5. フィギュア 羽生「12って何だろう」 会見一問一答

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]