メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

AKB48のビジネスとは

イラスト・藤井龍二

 今年もAKB48の総選挙が話題になりました。今年で8回目。まったく新しい音楽ビジネスのように見えますが、実は、昔ながらのビジネスモデルなのです。そこを分析してみましょう。

 ◆AKB総選挙は昔ながらの「タニマチ文化」を利用

 今年のAKB総選挙は新潟市で開催されました。全国からファン約3万人が詰めかけ、ホテルはどこも満員。新潟市が全面協力して開催をバックアップしました。大勢の人に新潟の良さを知ってもらい、食べたり飲んだりして、お金を使ってもらおうと考えたからです。

 実際には、集まったファンの多くはコンビニ弁当を食べて野宿したり、ビジネスホテルに泊まったりして、期待したほどの経済効果はなかったようですが、それでも、こうした人気のイベントを地方で開催するのは、地元の町おこしにつながります。

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです